2012年01月25日

検査結果報告

術後11日経った月曜日、再診と抜糸、
そして摘出した腫瘍の病理検査の結果を聞ききに行きました。


非常に残念ですが、

「膀胱もしくは尿道粘膜上皮由来の悪性腫瘍性病変(膀胱癌)が
 認められました。」

移行上皮癌であるという診断でした。
もしかしたら違うかも…と
淡い期待も持っていたのではっきり言って落胆しました。

それに膀胱の全摘出はしなかったので、再発の可能性もあります。
全摘したとしても、再発しないと言い切れないのが
この癌の特徴でもあるみたいですが。

今後は、ピロキシカムの投与と抗がん剤治療をやっていくつもりです。
これによってどれだけ生きられるかは誰にも分かりません。
再発した場合の進行度が早いか遅いかにもよりますしね。


でも、いいこともありました。
手術前はパンパンだった左の腎臓は
通常と同じ位の大きさに戻っているそうです。
今のところおしっこがちゃんと流れてくれているみたいです。
オムツ無しで病院に来られるのもいい兆候だって言われました。


だって、退院後のこまちは元気いっぱいなんです。
食欲もあって、血尿もほぼ止まり、
おしっこも少しは貯めておけてるみたいなんです。
それでも、時々お布団やクッションに漏らしてしまったり
頻尿は続いてますが…

今のこまちを見ている限り、
元の生活に戻れるような気がしてならないんです。
先生は夏越せるように頑張りましょうと言ってましたが、
私は(半年だけ?こまちはもっと何年も生きるよ。
こまちは今までの症例の子よりずっと長生きして、
みんなをビックリさせてやるんだ!)と思っていました。


以前ほどのショックはありませんでしたが、
でもやっぱりこの現実を受け入れるには
もう少し時間がかかりそうです。


こまねねが私たちより命が短いことは分かっています。
いつかは来る別れですが、
こまちとはちょっとだけ早くそうなることを私達は覚悟しました。

手術前5キロあった体重は4.6キロになりました。
体は疲れやすくなっているから
運動は途中でやめさせるようにと忠告を受けました。
でも、またサッカー出来るように少しずつ体力付けなくちゃね。
旦那はこまちが走ったり遊べなくなることが一番辛いみたいです。


応援してくれたみんな、ありがとうございます。
いい結果報告は出来なくてゴメンね。

今まで通りとはいかない事もあるだろうけど、
こまちも私達も明るく楽しく生活していきますので
これからも見守ってくださいね。

2011_1216画像0050-2.JPG



ニックネーム こまちママ at 23:01| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

退院しました。

火曜日、こまちが帰ってきました。

ジャンプも散歩も出来るくらいに回復はしていますが、
おしっこは勝手に出てきちゃうので、
オムツをしています。しかも、まだ血尿です。

この姿に、また「これでよかったのだろうか…」
と思ってしまいます。
本当ダメな私です。


「手術の説明」
 *子宮断端から発生した腫瘍が尿管を巻き込み膀胱に癒着している。
 *移行上皮癌でなければ完治する可能性と今後の生活の質を考え、
  腫瘍とともに膀胱の一部と尿管を切除。
 *残存膀胱の再建と尿管膀胱吻合手術を実施

簡単にいうと、
腫瘍は膀胱には出来てなかったので、
もしかすると、移行上皮癌じゃないかもしれない。
となると、再発の危険はない。
でも、腫瘍は膀胱にくっついて尿管がふさがれていた。
腫瘍と膀胱の半分を切除し、
尿管を残った膀胱につなげ直した。


☆今の一番の願い☆
腫瘍は癌ではなくて、
血尿も止まって、
残った膀胱の機能がちゃんと動いて
尿を貯めておけるようになるといいなぁ。
そうすれば、オムツもしなくていいし。
とにかく完治して欲しい!!

今日、久しぶりにこまねね2匹を連れてお散歩に行きました。
短めにゆっくりね。
(と言っても、ねねがいるからそうでもないかも。笑)

お散歩中はオムツなしで。
外に行く時くらい自由がいいでしょ。
だけど、漏れてくるのが気になるみたいで
道の真ん中で座りこんじゃうんだよね。

でも、怒らないx2。
ゆっくり治せばいいもんね。

だって、まだ術後6日だもん。
大手術したんだから、そんなすぐに元通りにならないよね。


今、こまちは旦那と布団で寝ています。
これ、我が家の普通なこと。

ず〜っと続これがきますように…



ニックネーム こまちママ at 23:07| こまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

面会

土曜日と日曜日、
こまちに会ってきました。

思っていたより元気そうで安心。
私が行ったらピョンと
飛びついてきました。
ご飯はドライじゃなくて
缶詰なら食べるみたいです。

でも、まだカテーテルも入ったままだったし、
血尿も出ていました。
オムツをしていますが
漏れちゃうみたいで
後ろ足が汚れてました。

今日、カテーテルを抜いて
大丈夫そうなら火曜日には
退院できるかもと言われました。

明日、帰って来れるといいんだけどなぁ。

120114_1709~030001.jpg
ニックネーム こまちママ at 22:16| こまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

手術当日〜術後1日目

12日(木)の夜、こまちの手術が行われました。
今回は、病院が終わってから(8時以降に開始)、
主治医の他に別の先生も加わっての手術になりました。

病院へは18時まで連れて行けばよかったので、
仕事を早退しました。
この日の早退は全然嬉しくなく、とっても気が重かった。
だって、帰って散歩をしたら
こまちを病院に連れていかなくちゃいけない…って。

何も知らないこまねねを車に乗せ、
そんな気持ちのまま、病院へ。


預ける前にもう一度、先生から手術の説明を受けました。
聞いてるうちに、
本当に手術するんだ…
手術することがよかったことなのか。
無事に手術は終わるのだろうか。もし途中で何かあったら…
終わったとしても、ちゃんと帰ってこれるのか。
帰って来ても、こまちにとって苦しい生活が待ってるだけじゃないないのか。
分かっているのは、
今ここにいるこまちじゃなくなってるって帰ってくる事。

「やっぱり手術やめます。」 
って言っちゃったらラクになるのかな。

でも、こままじゃ命が・・・


やはり、膀胱を開けてみて腫瘍がどの位置にあるかで
手術の内容は変わってくるみたいで。
腫瘍の部分(膀胱の半分)のみの切除か、
膀胱の全摘出になるか。
どちらにせよ、尿管の移植もしなくちゃいけないし
膀胱の機能がなくなるわけなので術後に排尿障害がでるとのこと。
(おしっこを貯めておけなくなるので、垂れ流しの状態になってしまう。)


前に話は聞いていたけど、改めて聞いてさらに混乱してきた私。
本当にこれでいいのか…
でも、こまちの命を延ばすために一番確立の高いことをしたいから、
やっぱり手術をしてあげなくちゃ!と決めて預けてきました。


それでも家に戻る車の中で、なんともいえない気持ちに襲われてました。
泣きたいのをこらえながら。
きっと、こまちは良くなって帰ってくるんだって言い聞かせて。

家に着いても、何をしていいのか分からず。
まず、洗濯物をたたみ始めました。
晩ご飯の支度しなくちゃ、でもあんまり食べたくないな。
ねねにご飯あげなくちゃ。
明日、新聞回収する日だ。
そういえば、この部屋寒いな。
お友達にメール返さなくちゃ。あ、旦那にもメール…


相当、不思議な行動してたと思います。
数分後、旦那からの電話があり我慢していたのが一気にとけて
泣いてしまいました。

旦那が帰ってきて話をしたら、少し落ち着いてきたので
ご飯も作って食べれました。
(私って、こんな時でも食べれるんだよね)


そして、23時。
病院から一回目の電話がありました。
切除する前に、半分か全摘かを連絡もらうようにしていたんです。
結果は、半分のみ切除する方向で行くとのこと。
少し膀胱は残るのでちょっと安心しました。
でも、手術はこれからが本番。


それから待つこと、数時間。
旦那とねねは寝てしまいました。
寝ててもよかったんだけど、こまちも先生達も頑張ってると思うと
なんか寝る気になれなくて…


夜中1時50分。
2回目の電話が鳴りました。

「今、手術が終わりました」

よかったぁ…と思った反面、
まだ麻酔からは覚めていなかったので本当に大丈夫かなという心配も。
それから数分は寝れず。


でも、まずは一安心。
遅くまで、先生方も看護士さんもこまちも頑張ってくれました。


一夜明け、金曜日のお昼休みに病院に電話をしましたが、
大きな問題はなさそうです。
また少しホッとしました。


とりあえず、手術は終わりました。
大変なのはこれからかもしれません。
でも、私達もこまちも頑張ります!!

あたたかい言葉と見守ってくれたお友達、
本当に感謝です。ありがとう。


*もう少しコメント欄は閉じさせてもらいます。

ニックネーム こまちママ at 12:03| こまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

2012年

mini_111231_0923-2.jpg


みんながステキな1年になりますように☆









ニックネーム こまちママ at 13:29| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

こまちのこと。〜組織検査結果〜

今年もあと2日となりましたが、
その後のこまちの事について連絡します。

〈細胞診の結果〉
 上皮性・腫瘍性・悪性疑い

好中球やマクロファージとともに、大小不同な卵円形核と淡明豊富な
細胞質を有する上皮性の異型細胞が得られています。
細胞相互に接着性を有する大型上皮性細胞で、
変性も強く加わってますが、上皮性の悪性腫瘍性病変(移行上皮癌)が
強く疑われます。



なんだか難しい言葉ばかりですが、
結果はよくありませんでした。

私は期待しないでいたので、それほどショックは受けませんでした。
やっぱりか…と。


今日、点滴と温熱療法の抗がん剤治療を受けてきました。

これによって、腫瘍がなくなるわけではなく、
年明けに本格的に手術をする予定なので、
それまで成長や転移をさせないようにするためのものです。

今日は朝から夕方まで病院だったので、
こまちは帰ってきてグッスリ寝ています。
ご飯はしっかり食べてね。

前回の検査手術後から、
ピロキシカムとういう膀胱癌に効くという薬を飲んでいまが、
薬が効いているのか血尿は止まっています。
食欲も少し前よりあります。
左の腎臓からおしっこも少しは出ているみたいです。
といっても、だいぶ溜まっているので危険な状態です。
あと、今日の治療で白血球の減少を防ぐお薬が増えました。


この年末年始は家族でゆっくり過ごそうと思ってます。
その為にも、こまちの体になるべく負担がないように、
今日の治療をしてきました。


見た目では全く今までと何も変わりないので
病気であるのが嘘のようです。
まさか、小さな体の中でそんなことが起きているなんて…。

手術が上手くいって、
こまちが元気に私達の元へ帰ってくる事。
それを願うばかりです☆
















ニックネーム こまちママ at 01:14| こまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

こまちのこと。


(長文になりますので、あしからず。)

始まりは11月、おしっこに血が混じっているのを見つけました。
シートのおしっこの中に赤い点が一つ。
初めはこまちかねね、どっちのものか分からなくて様子を見ていると、
こまちであることが分かりました。
症状としては、血尿(おしっこに血の塊りが混じる)と頻尿。
たまにトイレでないところ(キッチンマットやお布団など)で
してしまうことも…
膀胱炎かなと思ってました。
私自身、膀胱炎を経験したことがあったので、
排尿が辛いんじゃないかと病院に行きました。

超音波で診てもらうと、膀胱付近に2cm程の何かがあるとのこと。
先生が言うには、
これが何なのかは検査してみないと分からない。
取れにくい場所(尿管などに近いなど)にあるかどうかは実際みてみないと
取れるものかどうか分からない。
突然出来たものではないと思うので、だんだん大きくなったのではないか。
これが原因で血が混じったり、膀胱が圧迫されていると思われる。
体力があうるちに原因をつきとめた方がいい。

2度の診察を受け、消滅はしていなかったので
20日に手術をすることにしたんです。

しかし、残念ながらデキモノは簡単に取れる場所にはなく、
今回は試験的な手術になってしました。

夜、詳しい話と今後について話を聞くため、
旦那も一緒にこまちを迎えに行きました。

今回の結果としては、
・膀胱の中にあって、尿管がほとんどふさがっている状態。
・「移行上皮癌」という可能性があるということ。
・すでに、左側の腎臓がほとんど機能していないこと。

この「移行上皮癌」とういうのは手術で取り除いても
再発・転移する可能性があり、予後は良くなく余命6ヶ月くらい。
(といっても、治ったり何年か生きる子もいるらしい)
しかも、こまちの場合一番厄介な膀胱の出口と尿管にかかった部分に
出来ていたので、全部を取りきれるか分からない。
今のところ、他への転移は見られないのでその点はよかった。
移行上皮癌の説明⇒ココ


もしかしたら、移行上皮癌ではないことも考えられる。
今はそれを願うのみ。
今回、摘出はしなかったけど
組織をとって検査に出してくれたので、結果待ち。
違うものであっても、外科的手術は必要。
今のままでは、片方の腎臓だけが動いている状態なので
どっちも駄目になったら命が危ない。
このまま何もしなければ、2〜3ヶ月であろうと。


先生の話を聞いてて、

余命6ヶ月・・・

その言葉にショックを隠せませんでした。
治る可能性も、何年か生きる可能性もある。
でも・・・

帰りの車でこまちを助手席に乗せて、
「ゴメンね」と泣きました。

本当に検査結果がいい事を願うばかりです。

今後の選択肢は3つです。
1、手術で腫瘍部を切除
2、腎臓に直接カテーテルを入れて排尿
3、内科的治療 (薬、放射線などによる治療)

どんな検査結果が出ても、私達の意見は決まってます。

こまちはまだ6歳です。
ここで終わらせるにはまだまだ早すぎます。
これがもう12歳の老犬だったら考えは違ったかもしれません。

まだまだ一緒にいろんな事しなくちゃいけない。
ねねだって、こまちがいなくちゃ駄目なんだから。
これから、おねえちゃんとして
教えて欲しいこといっぱいあるんだよ。
来年は我が家にとっては色んなことが起こります。
そこには、こまちもねねもみんないないとダメなの。

どんな結果になるかは誰にも分かりません。
今、みなさんに言えることはこれくらいです。
(説明も上手くできなくてすみません)


ただ、今はこまちと一緒にいることが唯一私達にできることです。
状況は追って連絡します。


明日はおうちでクリスマスパーティーしようね。


*コメント欄は閉じさせていただきます。ごめんなさい。

ニックネーム こまちママ at 23:03| こまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

ちょっと愚痴らせて。

今年ももう終りになろうとしてるのに、
我が家はまた問題に直面しています。

詳しくは後日話しますが、、、


こまち、手術になりそうです。
(でも今は、食欲もあるし散歩も行けてますので)


なのに、旦那の言い方ったら・・・泣


私はどうしたらいいのよっ!







ニックネーム こまちママ at 22:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

昼散歩

すっかりご無沙汰しちゃってる間に、
もう12月になっちゃいました。
今年もあと1ヶ月で終りですね〜。

さて、週末はパパのソフトをチラ見しながら
公園にお散歩に行ってきました。

やっぱりお日様が出てるうちの散歩は暖かいね晴れ
この時期、普段は真っ暗だもん。

ここの公園、前は小さなドックランがあったんだけど、
いつの間にかなくなってたっけ…泣

page1.jpg


今週末はお天気いいかなぁ?


ニックネーム こまちママ at 19:14| Comment(6) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

みんなでお出掛け

この前の日曜日、久しぶりのお出掛け♪
私は一人東京へ遊びに行ったりしてたけど、
パパ&こまねねと行くのは今年初めてかも!?

でも、いつものんびり出発のうちの旦那。
9時には家出るからね!と言っといたのに、
結局出たのが9時半頃に車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

でも今回はナビがあるから道に迷うことなく、
お昼前に足柄ドッグランに到着。

この日のメンバーは、ラテちゃん。
はじめましての、りふぉんくん、しゅんくん、
一度会ったことあるよね…ウシくん、キャメルちゃん。
そして、こまち&ねね。
page1.jpg

デジイチ持って出かけたのも何ヶ月ぶりだろう?
って感じだったから、そんなに写真撮れてなかったよ…。泣


ずっとブログをコソ見していた、りふぉんくん。
やっぱり、キリリとした目が素敵☆☆
2011_1030画像00361.JPG

おっとり感がたまらなかったのは、キャメルちゃん。
女の子って感じよね。ねねとは全然違う!
2011_1030画像00522.JPG

パワフルBOY、ウシくん。
ボール遊びがとっても上手でした!
こまち、ボール奪い返せず…
2011_1030画像00412.JPG

最近じゃ、会うと恒例になってきたかも!?
「ラテVSこまち」 女の戦い。
この日はないと思ったんだけど、勃発!!
一方、
基本、平和主義者?のねねは降参ポーズ。笑
2011_1030画像00292.JPG

みんなのおかげで楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございます。

早々にランを引き上げた我が家は、
御殿場アウトレットへ。
こまねねを車に置いていくのも可哀相だったので
連れて行ったけど、
お店に入るときは一人が外でワンズと待機。
これが、ちと面倒。
でも、お互い自分の洋服をしっかり買って帰りました。


    〜   〜   〜   〜   〜

そして11月3日は、
ねねの5歳のお誕生日でした☆

相変わらずチビでマヌケなねねだけど、もう5歳。
今年は何事もないように過ごそうね。
2011_1030画像00102.JPG

ニックネーム こまちママ at 11:46| Comment(12) | ワン友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする